岡山の賃貸

過去にそこで誰かが亡くなったことのある部屋のことを事故物件といいます。特に高齢者の独り暮らしが増加している近年では、部屋の中で誰にも悟られることなく独りで亡くなられてしまう事例が何件も発生しています。

たしかに自分の入居しようとしている部屋で誰かが亡くなられたという事実はあまり気持ちのいいものではありませんが、その事実によって部屋の設備や機能に大きな支障をもたらすわけではありません。場合によっては部屋の内装や設備を新しいものに変えて、他の部屋よりもきれいになっていることも珍しくはありません。しかし、誰かが亡くなられた部屋ということで入居をためらってしまう人は多いのです。そのような事情から入居者がなかなか決まらない場合、多くの事故物件では通常の家賃の相場よりもかなり割安な値段で入居者を募っています。

その部屋で誰かが亡くなったことに関して特に気にしないという人ならば、賃貸物件を格安で借りられるいい機会に恵まれるでしょう。